注意事項 | H.I.S.ベトナム支店

ホーチミンのお土産
ホーチミンのお土産

お金の準備

現金

[日本円を持っていく]

ベトナムで日本円はほとんど使用できないと考えておきましょう。 両替は空港内や市内の銀行・両替所、銀行代理の両替許可書を持つホテルなどで可能です。そのほか、ホーチミンやハノイなどの都市部には公営・外資系の銀行や両替所も多くあります。
レートはあまりよくありませんが国際空港や関西国際空港などの両替所でもベトナムドンへの両替が出来ます。空港から市内までの交通事項など即必要な金額を両替し、後は現地ベトナムへ両替するのがおすすめです。

トラベラーズチェック(T/C)

「使い方」

T/Cは現金と同じ価値がある旅行用小切手のことです。
ベトナムではトラベラーズチェックを使用できる店やレストラン銀行などがほとんどありませんのでご利用はお勧めいたしません。

blank

クレジットカード

使用範囲

都市部のホテルや航空会社、高級レストランなどでは使用できますが、一般的にはまだ普及していません。また少額だと使用できない店などもありますので注意が必要です比較的普及率が高いのはVISAやMasterカードです。

キャッシング

VISAやMasterカードはベトコムバンクや外資系銀行、両替所などでキャッシングが可能で、ベトナムドン又はUSドルを選べます。手数料がかかりますが24時間利用可能なATMが便利です。

blank

国際キャッシュカード

[ATMも利用可能]

都市部の主な銀行では自分の口座から通貨で現金を引き出すことが出来ます。各国際キャッシュカードのマークがあるATMで利用可能です

[引き出しにかかる諸費用]

国際キャッシュカードでの引き出しには、各社が定める手数料がかかります。また銀行によっては国際ATM綱接続料が必要になるところもあります。

通貨

通貨単位はベトナムドン(VND)

コインと紙幣があり200VNDから500.000VNDまでありますが200VNDと500VNDはあまり流通していません。(500VNDのお釣が飴玉になることもあります。)ホテルや有名レストラン、観光地、土産物店ではUSドルも使えますが小さな店やローカルレストランでは使えないことが多いです。空港・銀行・ホテルなどで外資からベトナムへの両替が出来ます。

ベトナムでの両替

両替のコツ

現地ベトナムで日本円をベトナムドンに両替することをおすすめします。10,000VND 20,000VND紙幣は使用頻度が高いので、両替時に多めにもらうと便利です、またベトナムドンから日本円への再両替はできない場合がありますので一度に多額の両替はおすすめ致しません。

レートが良いのは

場所にもよりますが、市内の銀行又は両替所が比較的良いです。ホテルやツアー会社などはレートが良くないので緊急時のみの利用にすると良いでしょう。空港の両替所もレートがあまり良くないので、市内までの交通費分だけ両替するのがおすすめです。両替時は必ずその場で金額を確認しましょう。

タクシーのご利用

メータータクシーが主流ですが、中には料金をぼったくるなどの悪品なドライバーもおり、料金に関するトラブルが頻発しています。方が一に備えて、タクシー会社名、車体番号、ドライバーの名前など、自分が乗ったタクシーを特定できる情報を控えておくと安心です。
お客様の安全を確保する為に、ご乗車の際には必ずシートベルトを着用してください。
地図を見せるよりも目的地の住所を明記した紙を渡したほうが運転手に伝わりやすいです。

比較的安全なタクシー会社

blank

Mai Linh Taxi

緑の車体が目印のタクシーです。
電話番号:(028)-38-38-38-38

blank

Vinasun Taxi

白の車体が目印のタクシーです。
(028) -38-27-27-27

ホテルチェックインについて

原則としてホテルのチェックイン可能時間は14:00以降となりますが部屋の清掃が終了していない場合や混み合っているときには多少お待ちいただく場合があります。その際には、荷物をクロークへ預ける等して時間の調整をお願い致します。
ホテルによっては、お客様の確認、デポジット(一時預けり金)を押し受ける場合がございます。

犯罪・事件に遭遇したら?

犯罪・事件に巻き込まれた場合は各支店までご連絡ください。各エリアの警察(公安)に行く際ガイドを手配できます。(ただし有料となる場合があります。)
大きな事件以外、調査してもらうことは難しいですが、盗難・紛失証明書を発行してもらえば、保険の手続きやパスポートの再発行の際に有効です。
又置き忘れなどのお客様の不注意による場合は当店にて事故発生報告受理書を発行致しかねますので予め了承ください。

※ベトナムには公安の担当エリアが細かく設定されており、事件に巻き込まれた場所を特定できない限り盗難・紛失証明書の発行が難しいのが現状です。

公安

外国人旅行各の増加にともない、盗難や詐欺などの被害も急増しています。

だまし・詐欺

レストランで注文していないメニューの料金を追加されていたり、表示金額よりも高額の請求をされるケースがあります。また、街中で「家族が日本に住んでいる」等と近づいて、お金を巻き上げる犯罪も発生しています。

街のレストランやショップだけにとどまらず、空港内の免税店などでも金額を為って請求するケースは非常に多いです。会計の際は必ず自分でも計算しましょう。また、街中で声をかけられても無視しましょう。

ひったくり・スリ

街中で写真撮影や携帯電話で会話中にバッグやカメラが狙われやすいです。バイクで走行しながら、バイクを奪おうとする強引なケースもあります。

blank

バッグを歩道側に向けて持ち、歩道の内側を歩きましょう。斜めがけにする場合は必ず体の正面にバッグがくるようにしましょう

タクシー・バイク・シクロのトラブル

タクシーではメータの数字をひと桁多く請求したり、ベトナムドン表示のものをUSドル表示だと為ったりと支払い時のトラブルが多いです。シクロやバイクタクシーの料金は交渉し口約束となるのでさらにトラブルが起こりやすいです。

blank

初乗り料金やメータの上がり方は確認しましょう。また、事前に目的地のだいたいの位置や距離感を把握しておくのも良いでしょう。シクロやバイクタクシーは悪品名ドライバーも多く、しつこく乗車を進めてくる場合もあるので気をつけましょう。

病気・怪我の場合は?

下痢が続く高熱が下がらないなどの症状や怪我の場合なるべく早く医者の診察を受けてください。外国旅行保険にご加入の場合は現地提携医療機関でキャッシュレスサービスを受けることができます。以下の二点を持参して下さい。

(1)患者様の保険証書(保険証券)

(2)パスポート(顔写真ページと日本からの出国スタンプが必要)

※病院で外国旅行保険を利用するには疾病治療プランが踏まれていることが必要です。

ご帰国日の注意事項

ホテル出発前

集合時間をご確認の上、所定の集合場所にて空港送迎車をお待ちください。交通状況などにより多少時間〔5~10分程度)のずれが発生する場合があります。15分待ってガイドが来ない場合は緊急連絡先へご連絡ください。
必ず集合時間の前にチェックアウトのご清算をお済ませいいただきますようお願い致します。

blank

空港到着後

所定の航空会社カウンターにてチェックイン手続きをして下さい。
ホーチミン・タンソンニャット国際空港では、ガイドがターミナル内に入ることが出来ないため、お客様ご自身にて手続きをしていただきます。お客様は「パスポート」および「Eチケット」〔航空券)」を搭乗カウンターへご提示下さい。

航空機内への持込制限

詳しくはご利用の航空会社にお問い合わせください。

液体物の持込制限

飲料、化粧品、スプレなどの液体物のほか、ペットボトル飲料の持ち込みも出来ないのでご注意ください。
液体物を100ml以下の容器に入れ容量1リットル以下のジッパーつき透明プラスチック製袋(縦横合計40cm以下)に入れた場合は一人一袋まで持ち込み可能です。
機内で必要な医薬品、ベビーミルクなどは検査員に申告すれば別途持込が可能です。

blank

危険物の持込制限

刃物や尖ったもの・工具、ゴルフクラブ・竹刃・サーフボードなど長いものの、日用品・スポーツ用のスプレーなど。

台風時のご案内

免責について

原則、天気・天災などによる遅延・欠航の場合、航空会社および旅行会社の責任は免責となりますので予めご了承ください

ツアーに関して

原則、台風などの天災地変で生じる旅行日程の変更や中止で発生する損害・費用に関しては返金できません。

ご帰国に関して

原則遅延欠航が決まっても通常通り空港通りへご案内を致しますので、弊社スタッフより特別なお知らせがない限り、予定時間にご集合ください。

一般的な練習とマナー

トイレ

「トイレ事情」

高級ホテルやレストランなどはほとんどが水洗様式トイレですが、それは以外はあまり衛生的とはいえないところが多いです。 備え付けのバケツで水を流すトイレがあります。紙は流さずにゴミ箱に捨てるのが一般的です。

[公衆]

係員に使用料(200~1000VND)を支払います。紙がない場合は係員から買えるところもありますが、ポケットティッシュを携帯しておいたほうが安心です。手洗い場には石けんが備え付けられていない場合が多いです。

交通

ベトナムはバイクや自転車の交通量が多いにもかかわらず、交通マナーに対する意識が低いです。交通量の多い道路を横断するとき、走ったり、途中で引き渡したり、立ち止まったりするのはとても危険です。主な観光施設には旅行者の道路横断を補助する誘導員がいる場合もあります。

写真撮影

軍事施設や政府関係の建物以外は基本的に問題ありません。レストランや土産物店などは撮影禁止の場合もあるので、その際は一言断りを入れましょう。施設によってカメラの持ち込み料がかかるところもあります。

思想・言動

ベトナムは日本と違い、社会主義国家であることを意識しておきましょう。公の場で政治的発言、共産党や歴史上の偉人に対する批判はトラブルの元なので避けたほうが良いでしょう。

チップ

基本的にチップの練習はなく、ホテルやレストランでは10%のサービス料が加算されています。しかし外国人旅行各の増加により、高級店など一部では徐々チップが練習化してきています。例えば 、ホテルのスタッフに重い荷物を運んでもらったときや、通常のサービスにはないリクエストをした時などはサービスに対する感謝の気持ちとしてチップを渡すのがよいでしょう。

※メータタクシーの場合はチップは不要です。

値段交渉

市場などは定価表示がない店がほとんどです。その際、値段は交渉次第となります。欲しい物がある場合は予めホテルのスタッフなどに値段の相場を確認しておき、節度のある交渉を心がけましょう。定価販売の場合は交渉できません

寺院や教会の見学

寺院や教会は観光施設ではなく、あくまで宗教施設であり、信仰の場です。露出の多い服装や大声での会話など他の参拝者の邪魔になるような行為は避けましょう。

飲酒・喫煙

全面禁煙や分煙の店もありますが基本的に飲酒・喫煙はどこでも可能です。歩行喫煙なども良く見つけますが日本にいるときと同様に節度ある行動を心がけましょう。